--.--.-- --:-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

2010.08.08 23:17 (日)  ネット徘徊

ホメオパシーレメディマクロビチャクラOリングスピリチュアル。
ええい、カタカナばっかりで目がちかちかする!


迷い込んだ感染症ブログ。
ここにリンクを載せた以外にもお役立ち情報が沢山。

感染症診療の原則から

出産と感染症
水中出産は人間には不自然だと言う話で「そうよね。カバじゃないし。」って!

「予防接種しないと何か問題か?」という親の質問
行けない国、行けない学校、なれない職業あるよ。
子供産む時すげー怖いよ。って話。
医療関係者としては「怖い」が先にきます。
怖さの実感が一般の人と医療者でずいぶんことなります。

実感こもってる。

分娩時のB群レンサ球菌(GBS)感染予防
  GBSって何?
今回のビタミンK2投与のように、発症率が低いからと予防しない危険。

ホメオパシーと感染症 その1
ホメオパシーと感染症 その2

感染症科から見たホメオパシー。
HIV患者の周りに集まるあやしげな物など。

免疫ミルクって「よさげ!」とか思って調べた事あるよ!
調べても調べても理屈がわからなくて、そのうち忘れたんだった。
感染症科では排除してるって、そうかー。
ぐだぐだ調べるだけで放置もいい時もあるな。
養護教諭がホメオパシーにはまってるとかリンク集もあり。


----------------

議論

日本ホメオパシー医学協会にダメだしされる
興味深いのは、このコメントはまるでホメオパシーを「新しい科学」であるかのように位置づけていることです。
もちろん、違います。ホメオパシーは新しい科学などではなく、200年前の科学です。ブログのコメントで何度も指摘されているように、ハーネマンがこれほどの希釈度になんの疑問も抱かなかったのは、原子・分子の存在が知られるよりずっと前だったからですし、物質の性質についても当然よくわかっていなかったからです。
ですから、200年前の人がハーネマンの理論を真に受けることと、現代人が真に受けることとではまったく意味がちがうのです。前者はある程度しかたがないのに対し、後者は単に「常識も知らない」ということに過ぎません。


コメント欄がぎゅうぎゅう。おもしろい。



今回の報道は西洋医学による異端審問@togetter
「西洋医学を絶対視してる」なんて言う人がいて議論。
絶対視はしないよー。東洋医学からだって、生薬の有効成分が発見されたりして
ちゃんと取り入れてるよ。検証もしてるよー。


--------------

ええと、これはー

キセキがおこるネコ揉み療法

表題だけなら
猫を揉むと「ほにゃー」となるのを代替療法とするのかー。
末期がんの緩和に取り入れて欲しいにゃー。
そんな話なんだけど、「何でも治るよ」代替療法おかしいよね記事。


もし「ホメオパしい」という形容詞があったらどんな意味になるか?@
togetter

形容詞「ホメオパしい」を定義してみる試み。

極端に希釈するさま。転じて、ないものをあると言い張ること など
【使用例】盗人ホメオパしいとはお前のことだ!
     「あなたの稼ぎがホメオパしいからでしょ」>すいませんすいませんすいません 








コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。