2011.04.15 22:10 (金)  バセドウ

小倉Drから甲状腺学会情報ありとの情報。
いつもありがとうございますー。

小倉Drの「トピックス」によると
緊急輸入品は「まずは被災地に」出荷される模様。
製剤の混ぜ物はでんぷんの成分が変わるのでアレルギーある人は注意。
くわしくはリンク先をドゾー。

津波と交通遮断で在庫がギリギリなんでしょうね。
産科医の被災地応援の持ち込み品には「チラーヂン」が
他の薬とは別記になるほど、大事で足りなかった薬。

もう関係各所大車輪で頑張ってますよ!

T4委員会からお知らせ
pdf→ 甲状腺ホルモン薬供給再開への取組等について 第5報

あらゆる方法でチラーヂンS(レボチロキシンナトリウム製剤)を
供給していますよー。あすか製薬4/12在庫は1ヶ月分。

<やっている事>
3月下旬から/工場に残ってた製剤をパッケージして出荷
4月19日から/緊急輸入したのを出荷
4月下旬から/工場に残ってた粉を錠剤にして出荷
ジェネリックの会社が増産/ちょっとね
他の製薬会社に委託/調整中
別の会社から緊急輸入/調整中

<長期処方はしばし待て>
在庫はしばらく供給ストップだったのでタイト
日本のすみずみまで潤沢になるのはまだ
いわき工場の操業は余震と原発しだいだしね


原則一ヶ月処方でよろしくです!


pdfなのでコピペ

2011年4月15日

甲状腺ホルモン薬供給再開への取組等について 第5報

日本内分泌学会、日本甲状腺学会、日本内分泌外科学会、日本甲状腺外科学会、日本小
児内分泌学会の、関連5学会から、レボチロキシンナトリウム製剤(チラーヂンS錠®等)
の供給について、学会員、医療機関、患者家族の皆様にお知らせします。
レボチロキシンナトリウム安定供給対策委員会(通称T4委員会)
横谷 進(委員長) 原田 正平 皆川 真規

1. 「レボチロキシンNa錠50μg「サンド」(緊急輸入品)」の国内供給について

サンド株式会社による緊急輸入品「レボチロキシンNa錠50μg「サンド」(緊急輸
入品)」は、4月6日の第1便を皮切りに、サンド株式会社からあすか製薬に出荷され
ていますが、あすか製薬では、続く便も合わせて一定量を確保した後に全国に出荷す
るため、その出荷開始は4月19日になる見込みとのことです。
【処方のしかた】
処方のしかたについては、第4報に記載した通りですが、繰り返しお知らせします。
4月19日以降、国内には「チラーヂンS錠50」、「レボチロキシンNa錠50μg「サ
ンド」」に加えて、「レボチロキシンNa錠50μg「サンド」(緊急輸入品)」の3種類が
存在することになります。処方箋に、
「チラーヂンS錠50(後発品への変更不可を外す)」、または
「レボチロキシンナトリウム水和物50μg」
と記載し、もし、処方箋薬局から疑義照会があった場合には、上記の3種類のうちい
ずれの製剤の処方でもよい旨を回答ください。このようにしていただくことにより、
レボチロキシンナトリウム製剤が最も入手しやすくなります。

2. レボチロキシンナトリウム製剤の供給の推移と今後の見通し

【供給量の推移と今後の見込み】
あすか製薬がいわき工場で製造している「チラーヂンS錠50」は、3月11日
から2週間にわたり、完全に工場からの新規出荷が停止しました。工場の操業
再開に当たっては、まず、製造途上にあった製剤を使っての最終製品製造が再
開され、3月25日に工場から出荷され始めました。次いで、原末からの通常の
製造が再開され、その最終製品は4月下旬に新規出荷が始まることが見込まれ
ています。


一方、サンド株式会社による「レボチロキシンNa錠50μg「サンド」」の国内生
産は、震災に関わりなく製造が続けられていますが、増産の努力により5月に
はフル生産で月産600~700万錠(国内需要の約12~14%)の出荷が見込まれ
ています。また、上記のように、「レボチロキシンNa錠50μg「サンド」(緊急輸
入品)」の全国への供給が4月19日よりあすか製薬を通じて開始され、5月中旬
までに緊急輸入品のみで総量約5,000万錠(国内月間使用数量相当)を供給で
きる見通しです。これらの状況については、図を参照ください。

【在庫状況】
4月12日現在で、あすか製薬社内のチラーヂンS製剤の在庫(S50、S25、
散の3剤型の合計)は、約1.0か月分です。

【不確定要素】
このように、さしあたりの供給不足は回避される見込みです。
しかし、予想以上に大きな余震も繰り返しており、福島第一原子力発電所事
故もいまだ収束のめどがたたないことから、いわき工場における生産・供給に
は不確定要素が多く残されています。
T4委員会では、当初から安定供給のための多チャンネルを通じた製剤の確保
を要望してきました。あすか製薬からは、委託生産(いわき工場以外の国内の
工場での生産)と、緊急輸入(サンド株式会社とは別の会社からのもの)につ
いて、具体化しつつあるとの回答を受けています。

【長期処方の自粛のお願いの継続】
図のように、3月11日以降にチラーヂンSのいわき工場からの新規出荷がな
くなりましたが、この供給不足の期間においても、多くの医療機関、薬局、患
者家族の皆様の短期処方へのご協力により、安全・安心な在庫量が維持できて
います。
しかし、今の段階で長期処方を解禁すると、短期的にしても需要量が増える
ことが予想されるので、それに耐える十分な在庫量と安定した供給体制の見込
みが立つまで、今しばらく長期処方の自粛をお願いしたく存じます。
図に示しましたように、今後は国内全体へ供給量が増える見込みなので、そ
れに伴って在庫量が増加することが期待されます。そうした状況が確認できれ
ば、長期処方(たとえば3か月処方まで)を解禁しても医療機関・薬局への供
給不足が生じないのではないかと考えられます。
どうか、それまでの間は、すでに繰り返しお願いしている通り、学会員をは
じめとする医療従事者は、できるかぎり必要最小限の最適な処方・調剤に努め

て下さい。患者家族の皆様にも、どうか、ご理解をお願いします。
被災地以外では、3か月処方といった長期処方を避け、原則1か月以内の期
間の処方とするよう、お願い申し上げます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター