2011.05.04 21:46 (水)  病気/健康

おとなでも死亡?
【焼肉酒家えびす】新たに40代女性が死亡

どうも生肉メニューを食べた人以外にも、症状のある人がいるっぽい。
前日刻んだユッケも出してた?器具が汚染されてたのか?

うーん
えびすアカデミーアワード 年間優秀店の様子
【えびす厨房映像】同じ雑巾で皿や調理台を拭き、素手で肉を混ぜ、せわしなく働く店員


-----------


今回、問題になっているのはベロ毒素を持ってる大腸菌。
これはこれで大問題。世界中の先進国で毎年死人が出る怖い。
ベロ毒素を出す「赤痢」と同じと聞けば、年配者なら震え上がるはず。
毒が身体に回るので、重いと回復後も後遺症が出る場合も。

生肉の食中毒で、多いのはカンピロバクター
レバーはうまいぐあいに処理しても、菌を完全に防ぐ事は難しいらしい。
筋肉と違って消化管につながっているからなあ。


生肉大好きでブログ記事にする事の多い人からおしらせ
警告「生肉好きのあなたに」
社会的責任として「生肉の怖さをしっかり伝えろ」って注意を受けました。
そうなんです。生肉って危険なんです。
私は、それを承知で食べていますが、
ブログに書くことにより危険性を知らずに食べる人がいたら困ると反省し、記事にしました。




小児科のギラン・バレー症候群ページ
1)カンピロバクター菌説
主に鶏肉に含まれるカンピロバクターという菌はが体内に入った場合、免疫系がこの菌を殺すために抗体を作りますが、この菌と人間の神経細胞が似ているために誤って抗体が運動神経を攻撃し。その結果、筋肉が動かなくなるという説です。この菌が体内に入ると、2日ほどして、下痢・発熱などの症状が現れ。その1週間後あたりから。四肢麻痺などが起こるといわれています。


原因は「今の所確定していないが」免疫系らしい。
あきらかなカンピロバクター感染後に発症している事例が報告されている。
そんなの知らなかったよ。食中毒後遺症怖い。

生レバー・鶏刺し・生肉は絶対に避けるべきです。ギラン・バレー症候群になる可能性があります。2008/11/20

生肉を食べてはいけない(カンピロバクター)2007/06/09

カンピロバクターによる食中毒2011年 2月 4日


ギラン・バレー症候群とは
人口10万人あたり年間約1-2人がかかると考えられています。


--------

馬肉の店にこんな記述
馬肉の安全性と栄養
1)馬は豚や牛などに比べて、体温が5~6℃も高く、馬肉には寄生虫が少ない。

「だから安全性が高い」って話だ。…が、調べてもソースがない。
そんなに体温高くて、ほ乳類として大丈夫なのかしら。
酵素が有効に働く温度帯は私らとたいしてかわらないはずでは?
日高高原でほかほか湯気出してる馬をTVで観た事あるけど…
ひだかは気温が低いもんなー。

馬の基礎知識-馬の体温、脈拍、呼吸
安静時の成馬の平熱は37.0~37.8度くらいです。

獣医さんや動物に詳しい方に質問です。人間の体温は平熱36℃として、牛・豚・鳥は何度なんですか?
牛、豚は38~39℃程度
鳥と書いてありますが、鶏ということで、
鶏なら41~42℃ぐらいです。



馬の体温はたいして高くない。

かえって低いくらいだ。んー。
しかし、馬肉に寄生虫や菌が少ないのは本当らしいね。
胃腸や食性が違うんだろう。牛みたいにはんすうしないし。
ぐうてい目ではないので牛ブタ羊の病気ももらわない。

カンピロバクター汚染調査(H18/加熱用馬レバー)
pdf→馬肝臓の細菌汚染調査について ( 第 2 報 ) @会津保健所
まとめ
今回の調査で馬肝臓からカンピロバクター及びサルモネラは検出されなかったが 、 菌数にばら
つきは見られるものの一般生菌及び大腸菌群により肝臓が広範囲に汚染されていることが確認さ
れた 。 当所管内のと畜場においては生食用肝臓の取り扱いは行われていないが 、 肝臓の取り扱
い等の不備により機械器具等を介した他の食材等への交差汚染も懸念されるため 、 上記の調査
結果を基に馬肝臓の衛生的な取り扱い等について今後指導していきたい 。


加熱用でもこのくらい調査して、生食用はさらに厳しい規格で
屠畜されているので、健康な大人なら大丈夫って事?
国内の馬刺し文化濃い所あるから、これは守らないとねー。
でも最近は輸入冷凍肉(現地でさばく)が多いみたいね。

私はまた食べると思う。
元気な時に/冷凍取り寄せを/清潔を保って
高価だからどうせたまにしか食べられない~


<参考>

生食用食肉が流通しないのは

そもそも「生食」の安全基準は?
ユッケ死亡事件は生食用如何よりO111という定番O157以外のnon-O157血清グループから死亡者が出たことです。non-O157はサーベイランス方法がISO基準でも不明確


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

おお、こわこわ。
あたくし幼少の頃サルモネラ菌と仲良しになって病院に。
よーちえんせーが入院。切なかったー。
4歳なのにサルモネラ菌って名前、覚えたもんなw
上記がトラウマで、生ものは基本的に食べないけれど
火を通すものも気をつけないとー。

外食屋さんで働くと、外でメシ食えなくなるって言うけど
その意味、すっげーよくわかるよー。
食品衛生管理責任とかの資格も正直・・・って感じだし。
当該社長さんのハイトーンヴォイスが一番怖いけどwww

TOM | URL | 2011.05.05 00:43 (木)

患者だ患者だ!

TOM さん

サルモネラはおなじみさんっすね!
乳幼児の腹下しは命にかかわるから怖かったねー。
私がその頃は「赤痢」「コレラ」が身近だったんだけど
実際の患者はめったにいなくて、通常の大腸菌でやられてたw
トイレで手を洗わない調理人が!駄菓子屋が!ww

今は総じて清潔かと思います。コンビニ最強。
外食も火を通してあれば大体(え)大丈夫。
今回の社長さんはもとマハラジャ黒服ですって。なるほどー。
自己啓発な事業で愛を語るポジティブシンキングイケイケどんどん。
正月のスカスカおせち騒動と同じ匂いですね。
しかし、命にかかわる事はネガティブ情報もちゃんと押さえて欲しいです。

インデックス | URL | 2011.05.05 13:37 (木) | 編集

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター