2013.02.25 00:03 (月)  物忘れ対策メモ

しょっちゅう言ってる気がするな。

「明日から本気出す」

明日は死んでるかもしれないのに。
先送りのままでいいのか。
いやこのダラダラが生きてる感じでいいのか。

訃報が立て続けにあり混乱中。

書いておく。
中では比較的気持ちが整理しやすい外国の…

------

ケヴィン・エヤーズが死んだ。
初来日した時にライブ行ったんだよな。

バブルの頃に外タレ(死語)がバカスカ(死語)来た頃。
このスキにと思ったのか、イベンターだまくらかして誰が企画したのか。
もぎりが革ジャンのパンクス。場所は九段会館。
時代がかった金モール付き制服の会館ガードマンの脇にパンクス。
ロビーはスチャラカ(死語?)な装いの男女が。うええこええええ。
半分スキンヘッドで革ドレスの三十路まわり女子とか、
腰までなびくロングヘアの男子とか、どんなギョーカイの人ですか怖いです。
みんな酒飲んで談笑?パンクス同窓会的な?
びくびくしながらロビーで酒飲みながら友人待ってた。
ひとりで。びくびく。
傍目にはなじんでたらしいが。うええ自分こええ。

貧乏臭くだらーっとしたライブでよかったなあ。
終わってみたら十代ぽい客もいたし、普通の格好してた人の方が多かった。
そうか、ロビーで酒飲んでるようなヤツはそれなりの…
自分こえええ。

そんなライブ。

その後、人生変わるようなあれこれがあったり、
何かと思い入れのあるライブなんだ。

ケヴィン・エヤーズってこんな人

最初に知ったのはこれ

ニューヨークのアンダーグラウンドミュージックからパンク誕生あたりまでを
追いかけてると、この豪華メンバーアルバムにひっかかるんだ。
このメンバー、来日のちょっと前にニコが死んだばかりだった。

フラワーな頃


1992 ロンドン


2003 the Jazz and Roots Club


2008 インタビュー


比較的最近?じみへん編
Kevin Ayers and his 'normal' life with Sixties friends



色々考えながらすごす日曜日。
ゆるゆると生をかみしめる。


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター