--.--.-- --:-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

2015.06.05 23:59 (金)  バセドウ

バセドウ病アイソトープ治療で私が飲んだのは
ヨウ化ナトリウムカプセル-5号
で185MBq入り。
γ線(人体透過)ゆんゆん出してるので鉛入りの容器に入ってる。
甲状腺を焼くのはβ線(人体吸収)らしい。

飲み終わったところ
ヨウ化ナトリウムカプセル-5号

テーブルに置く時「ごすっ」って重量のある音がする。
とてもとても重いものだとわかる。
封印切ってオレンジの蓋開けると、白くて重い内蓋がある。
開けるとさらに小さなガラス瓶が入ってて、そのゴム蓋を開ける。
そこにカプセルひとつだけ、ぽっちり入ってる。
水飲む紙コップは歯科によくあるやつ。

なんだかすごく厳重。
ここまでアイソトープ治療の検査から4日で費用1万円ちょっと。
大仰な割には安いのでは。なるほどアメリカで標準になるわ。
メルカだと2ヶ月おきに検査込み6千円以上延々かかるー。


使用後最大95日間、飛行機乗る前の放射線検出器を作動させてしまう可能性あり。
これって最大は入院隔離するほど量を飲む甲状腺がんの場合だろうね。
日常生活だと外部に影響はせいぜい一週間かしら?
焼き殺し結果が出るのはほとんど放射がなくなってから。
細胞の更新時期が来ないとわからないって事?
この辺はもう少し調べる…かも。


------------

シンチ検査のデータ

甲状腺は通常重さが15~20 g程度
私は45g(推定)でやっぱり福々しい
24時間後取り込み率30%弱
生物学的半減期(排出)8日弱
放射性の半減期が役8日なので、8日後はざっくり4分の一
必要な投与量は155MBq以上
富士フィルムRIファーマ製だと5号ひとつが適当
(1号37MBq×2カプ、3号111MBq)


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

ヨード断ちは8日まで〜

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。