2016.03.14 23:59 (月)  大腸がん

ざっくり概要をつかむために書籍

2012発行で古いけど手術は同じかな?

CTCの導入が始まった頃の本。
進行度や再発治療の流れもわかりやすい。
医師のインタビューなんかもあって飽きずに読める。

術後イメージ用

2009年の本だからギリギリ。
手術の内容や転移によって色いろだね。


ガイドラインは2014版が最新


医師用はどう違うのかな?用語?


ガイドライン以降がこれかな


↑2007までpdfで無料閲覧できる
大腸疾患NOW 2007
NOWは医療者用なので用語調べながらだね。


今読んでるがんの雑誌が、ざっくり基礎、
最新治療法もわかりやすそう。
特集以外に治療トレンドや患者の体験記的なものも。

ネット書店には出たばかりの号しかない。
書店で頼むと時間がかかるので、ネット雑紙屋でバックナンバー注文。
ここで買うのが一番早い。版元から直送。

腹腔鏡下手術はステージ1までは標準なのね。
進行がんもやるようになったのは最近。

これは図書館で借りた

ひととおり載ってて書籍一冊分くらいある。
返却期限が迫ってる。読み終わってない。

一般的な健康雑誌は「今日の健康」くらいしか読めるものがない。
だいたいインチキな水、お茶の広告が載ってて怖い。
「がんサポート」みたいなちゃんとした雑誌があってよかった。


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター