2016.03.17 23:59 (木)  大腸がん

3/16は病院内ツアー!

朝、受付開始直後に入って血液検査から。
これは内分泌科用、甲状腺と生化学で2本。
検査結果が出てから診察なので、その間に麻酔科。

って、この日の徘徊はこんな流れ

検査室
入院受付
麻酔科
内分泌科

外へ出て皮膚科クリニック
昼食

戻って院内コンビニでコーヒー
ホールのテーブルで飲んで時間調整
消化器外科
コンビニで呼吸訓練器
看護師のレクチャー
入院受付で入院オリエンテーリング
薬剤師の入院前調査面談

門前薬局


本当に一日かかりましたあ。
疲れ果てた。病状重い人には耐えられないんでは。
薬局で処方されたもんがまた重いし…うう!


<麻酔科>

手術室のとなりで、入院受付の人が案内してくれた。
麻酔科の先生から質問攻め。
既往症、飲んでる薬、アレルギーなど。
家族や自分の過去手術で悪性高熱症の経験がないか。
タバコ、酒、薬に影響ある食べ物。
虫歯、治療中の歯はあるか、治療の具合は。
口開けてのどの目視。扁桃腺見てる?

当日の流れなど、詳しく教えてくれる。
背中に局所麻酔→硬膜外麻酔→全身麻酔。
挿管、尿カテーテル。
手術終わって目が覚めたあたりで抜管。
挿管でありうる困った事は
のど痛める、歯が欠ける、口の中に傷。

硬膜外麻酔
背骨の中に針刺して、神経を覆ってる膜の外に麻酔注入。
背中にやわらかチューブ入れて、術後も持続注入する。
これで腹痛くないんだって。2日後くらいまでは入れてくれるんだろうか。
開腹でも翌日から歩かされるので大事!
歩けなくなるようだと中止される。(ええー)

びっくりしたのは、術前の生理食塩水は点滴じゃなくて
OS-1を飲んで、口から摂るんだって事。
その方が安い簡単、身体に負担がないらしい。
ポカリよりしょっぱいって、飲みにくそうな…


全身麻酔ざっくりした解説はどこの病院も同じかな。
柳川病院サイトから
合併症は麻酔医が対応してくれるから大丈夫と思うよ。
運悪く死んじゃう確率は交通事故より低い。

看護師レクチャーされた呼吸訓練器「コーチ2 4000」

添付文書

正式名称は「非能動型呼吸運動訓練装置」
手術前後に訓練すると開腹早い、肺炎予防になるらしい。

看護師レクチャーは添付文書とは手順違う。

<一日数回記録する訓練>
息を全部吐き出す
ニコニコマークの範囲内になる勢いで吸う
・何mlまで浮きが上がったか
・何秒吸い続けられたか
5回やって一番多いものをシートに記録

だんだん記録がよくなる。
術後もやるとタンがよくキレて楽になる。
…らしい。
院内コンビニで4000円弱。
医療費控除できない雰囲気。


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター