2010.05.13 21:52 (木)  ネット徘徊

加藤一二三九段。
1239段じゃなくて、かとうひふみ/くだん。
将棋で最年少昇級記録を塗り替えた天才棋士。
今日は裁判で「もうやめろよー。金払えよー」と判決言い渡された。
<野良猫餌付け>将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
 訴状などによると、加藤氏は93年ごろから、三鷹市内の2階建てテラスハウスの自宅玄関前や庭で野良猫への餌付けを始めた。集まる猫は一時期18匹にも達し、住民側はふん尿による悪臭やゴミの散乱などによる被害を受けたとしていた。住民らが餌付けをやめるよう再三の注意や決議をしたが、加藤氏は応じず、調停も不調に終わったことから、08年11月に住民側が提訴していた。

ダンナが大好きで、わが家では「ちょんちょんオヤジ」と呼ばれている。
対局中に駒をちょんちょんと触る。
最初はまっすぐになってないのが気になるのかと思ったら、
ずーっとちょんちょん触る。相手の駒も。ええーー!!
初めて見た時、反則なんじゃないかと思った。
別に升目内だから勝敗には関係ないけど、嫌がらせかよ?
上半身がぐらぐら動く、膝立ちするのでTV画面にハゲ頭が映る。
出たり引っ込んだりそして鼻息ぶふふーんふーぶー。

しかしその後、表情は打って変わって無邪気な微笑みだが、
トロフィーを受け取る時も行動は同じだった。
感想なんか言わせたらもっとうざい。
つか、突き抜けてるー。

ファンキーっての?
将棋よくわからないんだけど、天才らしいよ?
羽生との対局はおもしろかったよ。将棋わかんないけど。

羽生善治は、ひふみんを見ずに盤面しか見ないで対局するそうだ。

気にしたら負け。
怒ったら負け。

食べ物で張り合ったら負け。



そんなひふみんの事をみんな聞いてー。
らーかみさんから、まとめサイトを教えてもらったよ!
加藤一二三九段伝説

ああ、そうそう、こんな感じ。
ひふみんは底知れないオヤジ。
まとめて読むと愛くるしいなー。

「私から闘いを取ったら何が残るといえよう。
 勝負師である限り、命が尽きるまで勝負に明け暮れるのが棋士のさだめだ」


ひふみん、裁判でも闘い続けるのかー?
いのちつきるまで~?


洗礼名はパウロ。
弁護士は茶トラ。


まとめにある行動で「私だー!」ってのがいくつかある。
気持ちはわかるよオヤジ!そうだよねー。
ひふみんを身近に感じるなんて…

ちょっとうれしい。

----------------

↓このへんを観るのと同じほんわか気分
毎日もふもふ動物園


やれっこないって思い込んでるだけなんだ。
信じてやってみればできる。できるんだ。

水の上を走れ!




こっそり、今日のオオニシ
CNNに載ったのに…ヤフオクはネタ入札が激しく、もうそろそろ手じまい。

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

FC2カウンター

ゆるゆる大掃除に参加しています

ゆるゆる大掃除バナー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2アフィリエイト

カウンター